はじめまして。西濱優衣香と申します。

2年前に無事音楽高校を卒業して
現在は発達障害(ADHDを伴うASD)を抱えながら、音楽大学に通うピアノ専攻の3年生です。

わたしの生きづらさ

幼い頃は、まさか自分が障害を持っているだなんて夢にも思っていませんでしたし、
発達障害という名前すら知らなかった私なのですが…。

でも実はうっすらと、自分は周りとは違う異質な存在、
ちょっと変わった子なんだという自覚があったのです。

私は幼い頃から発達障害の特性故に、
学校や学童保育にはあまり馴染むことが出来ませんでした。

運動音痴・字が下手・不器用すぎてお菓子の袋を開けることが出来ない・友達がいないこと等々が原因で
陰口を言われるなどいじめのようなことがありました。

3人以上の会話が苦手でクラスで孤立しているように感じていました。
聴覚過敏の影響で騒がしい教室が苦手。

芸能人やゲームには興味がないため、会話に加わることができず、
極端に怖がりなことが原因で、運動会の組体操や鉄棒や水泳や大縄の授業が大の苦手でした。

このように、本当に様々な場面で生きづらさを感じていました。

皆はいとも簡単にやってのけているように見えるのに、何故か自分だけ出来ない。
それはまるで、出口が見えないトンネルの中をたった1人で歩いているような気分で…。

何度、普通になりたいと願ったことでしょう。
何度、消えていなくなってしまいたいと思ったことでしょう。

小学生の絶望なんて大したことがないと思われるかもしれませんが、
世界が小さい分絶望の度合いはうんと大きいのです。

また、頭が爆発しそうになるほど様々な生きづらさを抱えていても、
一見何の問題もなさそうに見えて、周りには迷惑をかけていなかったため、
なかなか困っていることに気づいてもらえませんでした。

ライターとして

そんな私でしたが、もしかしたら発達障害を持っているかもしれないということが15歳の時に分かりました。
最初は、『お前は間違った人間だ』と言われているようで絶望的な気持ちになってしまいましたが、
時が経つにつれて少しずつ障害受容が出来るようになってきて、
19歳の時にようやく診断名をもらいました。

そして、発達障害のことについて発信をして、自分と同じようなことで悩んでいる人の力になれたらいいなと思い、
高校生の頃からしていたブログで少しずつ発信をするようになりました。

このバリアフリーチャレンジ!のことは、母が読んでいるのを一緒に読ませてもらって知りました。
そして、自分もこのような記事を書いてみたい、
発達障害のことについて発信していきたいという気持ちになったので、
「ライターをしたい」と島本さんに連絡しました。

バリアフリーチャレンジ!では、当事者である自分が一体どのような場面で困っていて
何を感じているのかについて書いていきたいと思っています。

発達障害と一口に言っても本当に千差万別で、100人いたら100通りの特徴があります。

私が書いていこうと思っていることも1つの事例でしかなくて、
誰にでも当てはまる内容ではないかもしれません
でも、当事者として微力ながら精一杯発信をしていきたいと思います。

 

投稿者プロフィール

西濱優衣香
西濱優衣香
発達障害を抱えながら音楽大学ピアノ専攻に通う。
ASDやADHDの生きづらさをブログで発信中。
思わず涙してしまうピアノ曲を作曲、演奏動画もアップしています。
↓下記SNSで心の想いを届けたい!是非フォローしてください。