「チャレンジド」を応援することで、暮らしやすい世の中を実現します!
challenged-view~多彩な情報発信~

エッセイ

市民と政治のバリアフリーを目指して 橋本成年

はじめに バリアフリーチャレンジに文章を寄せるよう 島本編集長から依頼を受けて、 少しまとまった文章を書いてみようと思い立ちました。 私事ですが、今月12日に退職して まだ10日も経っておらず、 自分自身がこれからどう生 …

政治参加のバリアフリー 荒川隆太朗

リテラシーの差 今日はバリアフリーという言葉を借りて考えてみたいことがある。それは政治参加を妨げる要因について。例えば、こんな議論がある。 『国や自治体の借金はない方がいいか?』 直感的には、『ない方がいい』と思うかもし …

格差は本当にこの世に必要なのか? 伊藤芳浩

私自身は聴覚障がい者であり、耳から情報が十分に入らないために生じている「情報格差」にずっと悩まされてきました。 例えば、後ろで同僚がささやいている「今度、Sさんが、異動でこちらの部署に来るんだって。なんでも体制強化のため …

最高のチームとは? 小山真由美

みなさんは、「最高のチーム」と聞いて、どのようなチームを想像されますか? 前提 定義が難しい 自主的 ひとりひとりが大事にされている 個性を尊重する 自由度が高い 目標に向かって進んでいる チームワークがある などいろい …

政治 その不完全さを読み解く。 – 大阪都構想から考える利害調整 – 荒川隆太朗

僕は大阪に住んでいる。大阪といえば2020年11月1日にある住民投票が実施される。その住民投票とは、大阪市を廃止し、4つの特別区に分割する制度案の賛否を問うものだ。 いわゆる「大阪都構想」はかなり激しい対立となる。それは …

障害と20年生きた今、自立を考える 島本昌浩

情報量で人生が決まる 22歳の時、私は脳出血に倒れ、左片麻痺の後遺症が出た。障害者となり、今年でちょうど20年! 発病後すぐには、現実をうまく受け止められなかった。 入院中のリハビリで身体機能を少し取り戻せた経験からその …

自己紹介と祖父の話 あなたこなた

すでに2本記事を書いた後で、今更という感じはありますが、あらためて。 「あなたこなた」と申します。 このように記事を書いて発信する活動は、今まで経験のないことで、 自分でもどうなって行くかわかりません。 だからこそ、それ …

コミュニケーションを助けてくれるもの~歌とピアノのコラボが実現~ 西濱優衣香(ルル―)

さみしかった日々~学校という小さい世界で~ 私は幼い頃から発達障害の特性故に、三人以上の会話や雑談が苦手で、 最終的には孤立していました。 そして、日々のストレスが積み重なった結果、 小学4年生の時に二次障害で社会不安障 …

これからの働き方を考える|小山真由美

こんにちは。久しぶりの記事となりました。 新型コロナによる緊急事態宣言を受けて 在宅ワークが進んでいる反面、子どもが家にいるために、仕事に行かなくてはいけないのに行けない親の声をあちこちで聞きました。 ちょうど3月の初め …

中医学および日本鍼灸漢方療法に基づく新型コロナウイルス感染症に対する養生法

はじめまして。あなたこなたです。記事第一弾は予定を大幅に変更しました。読者の皆さんのお役に立てばうれしいです。 ※文中の[]内の数字に対応した注釈が文末にあります。この記事内容は新型コロナウイルスへの感染を予防したり、発 …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © バリアフリーチャレンジ! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.