「チャレンジド」を応援することで、暮らしやすい世の中を実現します!

challenged-view~多彩な情報発信~

  • HOME »
  • challenged-view~多彩な情報発信~

ひきこもり女子会 活動5周年記念誌の出版を振り返って 大隅順子

宝塚発達心理ラボ図書① 【ゆるくつながり元気になろう 生きづらさを抱えている女性たちへ  ~大人のひきこもり女子会 in宝塚 5年間の歩み~】 ひきこもり女子会とは 私はバリアフリーチャレンジのライターをする以前の5年前 …

【対談】未知の恐怖から希望へ ~プロローグ~ だいちゃん

<聞き手:島本昌浩> 対談実施日:2021年2月20日@Zoom (島本) 伝えていきたいことが障害に絡むことで、 本名は出さないということなので、 言いたくないことは言いたくないでOKです。 私は自由に質問 …

市民と政治のバリアフリーを目指して 橋本成年

はじめに バリアフリーチャレンジに文章を寄せるよう 島本編集長から依頼を受けて、 少しまとまった文章を書いてみようと思い立ちました。 私事ですが、今月12日に退職して まだ10日も経っておらず、 自分自身がこれからどう生 …

ピアノ講師(音楽講師)は私の天職 西濱優衣香

ピアノ教室を始めて 私は困り感のある方たちを受け入れるピアノ教室を 運営しています。 この教室を始めた理由は、 私自身が発達障害を持っていてその特性が原因で 様々な生きづらさを感じてきたからです。 以前の記事で、ピアノ教 …

【取材/稲岡大介氏(ミュージックフィールズ)】「音楽×福祉」 トトロの森

【Inaoka Studio=Concert School Recording Workshop】 今回は、ずっとお話を聞いてみたかった方のお一人、音楽療法士の稲岡大介先生に取材させていただきました。 作曲家として、また …

列を成す社会問題に心で向き合う 荒川隆太朗

「社会問題の解決が必要だ」 そんな号令を聞くたび、「社会問題」とは何かと思う。大抵の場合、号令の後には制度的な問題や統計的データが並ぶ。間違ってないだろうし、本当に解決することが必要だとも思う。でも、同時に抽象的議論とな …

【対談】「大学一年の障害学生、これまでとこれから」 渡辺陽(みなみ)さん

<聞き手:島本昌浩> 対談実施日:2020年12月19日@Zoom おっさんと女子高生 ~異色の障害当事者コンビの出会い~ (島本) 宝塚市の障害者週間記念事業で僕が実行委員長 陽さんが副委員長という形でご縁 …

小児療法で健康で笑顔に あなたこなた

あなたこなたです。 鍼灸専門学校の学生という立場から、 今回は鍼灸の話題を。 皆さんは鍼灸治療を受けたことがありますか? 鍼灸治療には幅広い治療法があります。 中国、韓国、日本とそれぞれにも違いがありますし、 日本の中で …

怒っても叱っても伝わらないのは、どうしてだろう★りょう育ママ

育児をしていると怒る場面は、必ず出てきます。 しかし、なぜ怒られているのか?子どもに伝わらないことが、ありました。 皆さんは「怒る」と「叱る」のちがいを意識したことありますか? わたしのイメージは… 怒る=感情的に否定す …

【対談】半熟視考~23歳の青年が語る「中途半端な障害と生きづらさ」~ 

<聞き手:島本昌浩> 対談実施日:2016年3月4日   大学生をナンパ!? 今回は昔メルマガで連載していたインタビューの蔵出しです。 当時はゲストのお名前を公開していましたが、今回はネット上に記事 …

1 2 3 20 »
PAGETOP
Copyright © バリアフリーチャレンジ! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.